本文へ移動

JA市原市 SDGsへの取り組み

JA市原市の SDGsへの取り組み
 JA市原市は「『持続可能性』への挑戦~「食・農・地域」を次代につなぐ身近なパートナーであり続けるために~」を基本方針に、地域の特性を生かした農業振興と農業が果たす地域社会への多面的な機能の発揮、安心して暮らせる豊かなコミュニティの形成への積極的貢献をめざしています。
 SDGs(持続可能な開発目標)がめざす17のゴールと基本的価値が共通する部分が多く、めざす目標は同じであると考えます。
 JA市原市は、組合員や地域の皆さまと共に、総合事業を通じSDGsの達成に向けた取り組みを進めてまいります。

©よい食P
 わが国の「SDGs実施指針」では「新しい公共」として協同組合を通じた貢献が位置付けられ、JA市原市では、「JA市原市SDGs取組方針」を策定(令和3年11月)し、SDGsの理解促進と事業・活動の実践を通じたSDGs達成に係る取り組みを展開しています。
※JA市原市は、上記以外にも食育活動の充実、確定申告支援、環境配慮型園芸資材の普及活動など、SDGs達成に向けた取り組みを進めています。

TOPへ戻る